厚生労働省は24日、新型コロナウイルス感染の再拡大に備え、病床確保など医療提供体制を見直すよう都道府県に通知した。変異株の流行などによる「第4波」が4月に到来する可能性も視野に、感染者が第3波のピーク時から2倍となる事態を想定した緊急対応方針を4月中に策定するよう要請。一般医療とコロナ医療の両立ができるよう、最大確保病床数を引き上げた新たな計画を5月中に決定するよう求めた。

 厚労省は、第1波を踏まえ感染ピーク時の都道府県ごとの入院患者数推計を提示。これを基に病床確保計画を策定したが、多くの地域で病床が逼迫した。一部で感染が再拡大しており、体制整備を急ぐ。