【ヤンゴン共同】ミャンマー国営テレビは24日、クーデターへの抗議デモに参加するなどし、治安当局に拘束されていた628人が釈放されたと報じた。国軍はこれまでデモ弾圧を激化させていたが、初めて軟化の動きを見せた。釈放の具体的な理由は不明。社会不安をあおったとして訴追されたAP通信のカメラマンも釈放された。

 人権団体「政治犯支援協会」によると、23日時点で2418人が拘束されていた。地元メディアによると、釈放されたのは今月3日のデモの参加者らで、学生が大半という。同日は治安部隊がデモ隊を銃撃し、全国で多くの犠牲者が出た。