大相撲春場所11日目(24日・両国国技館)単独トップの小結高安は大関正代に突き落とされ、2敗目を喫した。正代は6勝目。大関朝乃山は妙義龍を寄り切って勝ち越した。かど番の大関貴景勝は霧馬山を突き出して7勝目を挙げた。3大関の安泰は今場所初めて。

 大関復帰を狙う照ノ富士は関脇同士の対戦で隆の勝を寄り切り、8勝3敗とした。隆の勝は5敗目。

 首位の高安を1差の3敗で朝乃山、照ノ富士と平幕翔猿の3人が追う。十両は石浦ら3人が3敗でトップに並んだ。