内閣府は24日、国境に近い有人離島の観光振興を図るため、島の情報をまとめた「離島カード」を25日から発行すると発表した。新潟県・佐渡島や長崎県・五島列島など「特定有人国境離島地域」71島のうち66島が対象で、実際に島に行かないともらえない。新型コロナ感染拡大の影響で打撃を受けた観光業の振興につなげる狙い。

 カードは計約6万8千枚を作製。表面に島を象徴する祭りや風景を掲載し、裏面には名物情報などを紹介する。島の観光案内所や旅客船ターミナルなどで配布する予定だ。

 国土交通省などが管理する全国のダムで配布されている「ダムカード」は、観光客にも好評という。