日本医師会の中川俊男会長は24日の記者会見で「このままではリバウンドする強い懸念がある。第4波を防ぐために、先手先手で強い手を打たなければならない」と語った。新型コロナウイルスの緊急事態宣言の解除決定を受け、解除直前の先週末の人出が大きく増えたことへの危機感を示した形だ。

 中川氏は、自治体と地方の医療団体が連携して病床確保に当たっているとした上で「どんなに病床確保を努力しても限界がある。感染者数をいかに抑えるかに最大の力を注ぐべきだ」と強調。

 政府に対し、新型コロナ対応の改正特措法で新設された「まん延防止等重点措置」の適用を早期に検討するべきだと訴えた。