【スエズ、シンガポール共同】国際海上交通の要衝、エジプト北東部のスエズ運河で23日午前、愛媛県今治市の正栄汽船所有のコンテナ船「エバーギブン」(全長400メートル、幅59メートル)が運河をふさぐ形で座礁し、運河の往来が遮断された。運河庁が24日、発表した。

 24日午後の時点でエバーギブンは現場で動かずに止まっており、後方で複数の船が通航の再開を待っている。スエズ運河は地中海と紅海を結び、欧州とアジアの物流を支えている。

 ロイター通信は24日、エバーギブンが一部浮き、往来の遮断が解消される可能性があると伝えたが、その後、離礁作業は依然続いていると報じた。