24日午後2時20分ごろ、航空自衛隊三沢基地(青森県三沢市)に所属するF35Aステルス戦闘機2機が、青森空港(青森市)に緊急着陸した。1機で機体の異常を知らせる警告灯が点灯したためで、けが人はいない。県によると、新千歳空港に向かう民間航空機1便の出発が12分遅れた。

 空自によると、2機は防空戦闘の訓練中だった。異常のなかった1機は、同行して着陸した。

 F35Aは空自の最新鋭戦闘機で、レーダーで探知されにくいステルス性能が特徴だ。空自は2018年1月、三沢基地に初めて配備し、19年3月、飛行隊を新設した。