大学入試センターは24日、2025年1月以降の大学入学共通テストの出題教科・科目案を発表した。現行の6教科30科目から、新たに「情報」を加え7教科21科目に再編。パソコンを使ったテスト方式(CBT)は調査研究を続けるとし、導入を見送る。22年度から実施される高校の新学習指導要領に対応し、現在の中学2年生からが対象となる。文部科学省が今夏までに正式決定する。

 新指導要領では、プログラミングなどを学ぶ「情報1」、日本と世界の近現代史を学ぶ「歴史総合」、主権者として必要な資質を育む「公共」などが新たな必修科目となり、共通テストでの対応が求められていた。