選抜高校野球大会第5日は24日、甲子園球場で1回戦3試合が行われ、東海大菅生(東京)、京都国際、常総学院(茨城)が2回戦に進出した。

 東海大菅生は鈴木悠の今大会第1号本塁打など2本塁打で、春夏通じて初出場の聖カタリナ学園(愛媛)を4―3で下した。

 京都国際は柴田(宮城)に延長十回、5―4で競り勝ち、春夏通じて初出場同士の対戦を制した。3―3で迎えた十回に中川の適時打などで2点を勝ち越した。

 常総学院は選抜大会初のタイブレークの末、敦賀気比(福井)に延長十三回、9―5で勝った。5―5の十三回に、秋本の適時打などで4点を勝ち越した。