将棋の藤井聡太二冠(18)は23日、東京都渋谷区の将棋会館で指された第34期竜王戦ランキング戦2組の準決勝で松尾歩八段(40)を破り、挑戦者を決める決勝トーナメント(本戦)に進んだ。2020年度を終え、勝率8割4分6厘、勝ち数44勝(8敗)でそれぞれ1位となった。

 年度勝率8割以上は4年連続で、1974年から始まった将棋大賞の記録部門では最多。連勝は20年度最多の17に伸ばしたが、継続中のため21年度の記録となる。勝ち数43勝で2位の永瀬拓矢王座(28)は20年度、1局を残している。

 藤井二冠は竜王戦のランキング戦5期連続優勝にあと1勝とした。