【ニューヨーク共同】スマートフォン向けゲーム「ポケモンGO(ゴー)」を運営する米ナイアンティックと任天堂は23日までに、任天堂のゲームキャラクター「ピクミン」を使ったアプリを共同で開発していると発表した。新作アプリは「歩くことを楽しくする」がテーマという。

 両社は、ナイアンティックによる現実とコンピューターの世界を重ね合わせた「拡張現実(AR)」技術と、任天堂のキャラクターを組み合わせたアプリを共同で開発することで提携。新作アプリはナイアンティックの東京の拠点で手掛け、今年後半に世界に配信を始める計画。