日本サッカー協会は23日、横浜市内で活動中の日本代表で、斉藤俊秀コーチ(47)が新型コロナウイルスの検査で陽性判定を受けたと発表した。チーム内に濃厚接触者はおらず、23日には他のスタッフや選手全員の陰性が確認されたため、国際親善試合の韓国戦(25日)とワールドカップ(W杯)アジア2次予選のモンゴル戦(30日)は予定通り開催する。

 オンラインで対応した日本協会の反町康治技術委員長によると、斉藤コーチは宿舎に集合した21日の検査は陰性だったが、22日の検査で感染が判明。本人に症状はない。同委員長は「予防しながら活動していく前提。前に進むしかない」と話した。