梶山弘志経済産業相は23日、国際原子力機関(IAEA)のグロッシ事務局長とテレビ会議方式で会談した。日本政府が東京電力福島第1原発で増え続ける処理水の処分方針を決めた際には、IAEAが決定内容を精査するほか、国際社会への情報発信についても協力することで合意した。

 会談で梶山氏は「処分方針決定に向けた最終調整をしている」とし、処分方法や設備の評価のほか、処分開始後も実施状況を確認し、放射性物質のモニタリング精度を監視するよう要請した。

 経産省によると、グロッシ氏は「イエスと言いたい。プロフェッショナルな協力を提供したい」とし、全面的に応じる考えを示した。