大相撲春場所10日目(23日・両国国技館)ただ一人1敗の小結高安が大関貴景勝を熱戦の末に上手投げで破り、9勝目を挙げた。2敗がいなくなり4人が3敗。かど番の貴景勝は4敗となった。

 ほかの大関陣は朝乃山が関脇隆の勝をすくい投げで退けて7勝3敗、正代は肩透かしで妙義龍を下し、五分の星に戻した。隆の勝は4敗目。大関復帰を目指す関脇照ノ富士は平幕志摩ノ海に突き落とされ3敗となった。

 高安を3敗で追うほかの2人は平幕の翔猿と千代の国。十両は石浦ら4人が3敗で並んだ。