三重県の鈴木英敬知事は23日、性的指向や性自認を第三者に暴露する「アウティング」を禁止する条例が成立したことを受け、性的少数者への差別根絶に向けて働き掛けを強化する考えを示した。県庁で記者団に「性的指向や性自認を理由とした不当な取り扱い解消が社会の共通認識となるよう、積極的に周知していく」と述べた。

 今後の県の施策に関し「性の在り方に関連し、就労関係や人間関係が不安定になることは決してあってはならない。当事者が安心して生活できるようにしていく」と強調した。

 三重県議会が可決したアウティング禁止条例は、目的を「性の多様性を認め合う社会の実現」と位置付けた。