LINE(ライン)の出沢剛社長は23日、通信アプリの利用者の個人情報が業務委託先の中国の関連会社から閲覧可能になっていた問題で、中国から日本国内のサーバーにある個人情報へのアクセスを完全に遮断したと明らかにした。問題の委託をはじめ、利用者のやりとりに関する中国での業務は既に終了したという。韓国で保管しているデータは全て国内に移転し、管理を徹底。政府や自治体の公式アカウントのデータ保管も完全に国内で行う。

 出沢氏は東京都内で記者会見し「利用者にご迷惑、ご心配を掛け心からおわびする。信頼を裏切ることになったことを重く受け止めている」と謝罪した。