広島新庄が0―0の延長十二回にサヨナラ勝ち。2死走者なしから瀬尾が中前打で出塁し、4番花田が右越えに決勝二塁打を放った。花田は先発で八回途中まで抑え、秋山が沈む球を使って好救援した。

 上田西は山口が鋭いスライダーを主体に力投したが、160球に達してつかまった。打線は12三振を喫するなど好機を生かし切れなかった。