若者の性暴力被害を防ぐための啓発イベントが23日、オンラインで開かれ、モデルの河北麻友子さんが「被害を相談する勇気が大切。友人や女子会でも話せる環境になってほしい」と語った。出演したのは他にインターネット上で若者に発信力のある「インフルエンサー」の植村颯太さんと、助産師でユーチューバーのシオリーヌさん。

 今年から4月が「若年層の性暴力被害予防月間」となったのに合わせ、内閣府が主催した。

 イベントでは、性被害を受けたり友人から相談されたりした時は、最寄りのワンストップ支援センターにつながる全国共通短縮ダイヤル「#8891」に電話するよう訴えた。