23日の東京株式市場の日経平均株価(225種)は3営業日続落した。米長期金利が再び上がることへの警戒感から、午後に入って売り優勢に転じた。終値は約2週間ぶりの安値を付けた。

 終値は前日比178円23銭安の2万8995円92銭。東証株価指数(TOPIX)は18・70ポイント安の1971・48。出来高は約13億7129万株だった。