J1のG大阪が23日、大阪府吹田市の練習場でトレーニングを再開した。選手ら8人がPCR検査で陽性判定を受け、感染拡大防止のため、2週間活動を停止していた。

 午前中に約2時間行われた練習で、ウオーミングアップ後に人数を制限したミニゲームなどで汗を流した。活動停止中はオンラインにより自宅で体幹トレーニングなどをしていた。三浦主将は「みんなで集まってサッカーできる喜びを一層感じた」と感想を口にした。

 中止になった6試合の振り替え日程などは未定。宮本監督は「どう日程が組まれても、こなしていく準備をするだけ。自分たちがコントロールできる部分に注力したい」と語った。