智弁学園は一回に植垣の3点二塁打などで4点を先制し、試合の主導権を握った。六回に3点、七回に1点を加えて、突き放した。先発の西村は粘り強く投げて、8回6失点。九回は小畠が得点を許さず、振り切った。

 五回までわずか1安打だった大阪桐蔭は、六回以降に反撃したが、及ばなかった。投手陣は計9四死球と制球が乱れた。