【ニューデリー共同】バングラデシュ南東部コックスバザールにある隣国ミャンマーのイスラム教徒少数民族ロヒンギャの難民キャンプで22日、大規模な火災があり、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)は23日、約400人が行方不明になり、少なくとも15人が死亡したと明らかにした。負傷者は約560人に上るという。

 少なくとも約1万戸が焼失、4万5千人以上に影響が出ている。国際移住機関(IOM)が現地で開設していた診療所も全焼した。UNHCRによると、火災の原因は現時点では不明。

 キャンプは丘陵地帯を切り開いて造られ、計100万人以上が暮らしている。