プロ野球の開幕を前に阪神タイガースのセ・リーグ制覇を願って毎年恒例となっている「日本一早いマジック点灯」が23日、主催する兵庫県尼崎市の尼崎中央3丁目商店街で行われ、公式戦の試合数と同じマジックナンバー「143」の数字を掲げた。

 商店街の振興組合が企画し、今年が19回目。虎ファンが集まって「六甲おろし」を合唱し、例年ならジェット風船を飛ばすが、新型コロナウイルス感染防止のため昨年に続いて自粛。ファンが集まることも避けるため事前の周知は行わず、式典も中止した。