市和歌山は0―0で迎えた九回1死一、二塁から亀井が中前打し、サヨナラ勝ち。小園は8奪三振。粘りの投球で、4安打完封した。六回以外は毎回走者を出したが、スライダーなどで打ち取り、得点を許さなかった。

 再三好機をつくった県岐阜商は、あと1本が出なかった。七回から救援した松野も九回につかまった。