選抜高校野球大会第4日は23日、甲子園球場で1回戦3試合が行われ、智弁学園(奈良)、市和歌山、広島新庄が2回戦に進んだ。

 智弁学園は一回に植垣の3点二塁打などで4点を奪い、大阪桐蔭を8―6で下した。大阪桐蔭は選抜大会の連勝が10で止まった。

 市和歌山は県岐阜商に1―0でサヨナラ勝ち。九回1死一、二塁で亀井が中前打を放った。小園が4安打完封。

 広島新庄は上田西(長野)に延長十二回、1―0でサヨナラ勝ちした。十二回は2死一塁から花田が二塁打を放ち、決勝点を挙げた。