三重県議会は23日の本会議で、性的指向や性自認を第三者に暴露する「アウティング」と、カミングアウトの強制を禁止する条例案を全会一致で可決した。条例の目的を「性の多様性を認め合う社会の実現」と位置付けた。施行は4月1日。アウティング禁止条例は東京都国立市などが施行しているが、都道府県レベルでは初。

 国は昨年6月施行の女性活躍・ハラスメント規制法の指針でアウティングをパワハラと規定し、大企業に防止対策を義務付けた。ただ、職場以外に規制はない。三重県の条例制定を受け、他の自治体に影響が広がるかが注目される。

 県民や事業者に対し県の施策に協力するよう要請する。