田村憲久厚生労働相は23日の記者会見で、自治体に5月中の見直しを要請している新型コロナウイルスの病床確保計画について、4月中に感染が広がった場合も念頭に備えるよう求めた。詳しい計画の作成と並行して緊急対応策を講じる必要性が出てくるとした。

 田村氏は「感染は待ってくれない」と述べ、4月中に感染が再拡大する可能性を指摘。「自治体にはご迷惑をお掛けするが、ダブルトラックで走ってもらわないといけない」と述べた。