【ソウル共同】韓国の文在寅大統領(68)は23日、6月に英国で開かれる先進7カ国(G7)首脳会議に出席するため、ソウル市内の保健所で英アストラゼネカが開発した新型コロナウイルスのワクチンを接種した。

 韓国では高齢者へのワクチン接種を見送ってきたが、23日から対象を65歳以上の医療施設の入所者や職員らに広げる方針。文氏は接種に先立つ22日に「ワクチンの安全性に少しの疑念も抱かず接種に応じてほしい」と国民に呼び掛けた。