【ロサンゼルス共同】米プロバスケットボールNBA、ウィザーズの八村塁が22日、オンライン取材に応じ「これからどんどん次のステップにいきたい」などと意欲を示した。前日のネッツ戦で20得点、10リバウンドを記録。今季は2部門で2桁の「ダブルダブル」を3度達成と実績を積み上げている。

 ここ5戦のプレー時間は試合の4分の3となる36分を超え、大事な後半を任されるなど信頼が高まっている23歳。「(将来は)オールラウンドに活躍できる選手になりたい。自分としてもチームとしても、どんどん前にいけたらいいなと思う」と低迷するチームを引っ張る自覚をのぞかせた。