【武漢共同】垂秀夫・駐中国日本大使は22日、湖北省トップの応勇同省共産党委員会書記と武漢市内で会談した。垂氏は新型コロナウイルス感染症が大流行した際に「邦人退避に省や市の各部門から多大な協力をいただいた」と謝意を示した。応氏は、日中には共通の利益が多くあるとして協力強化に意欲を示した。

 日本政府は昨年1~2月、武漢にチャーター機を5回派遣し、湖北省に滞在していた邦人とその中国人配偶者ら計828人を帰国させた。

 応氏も「湖北と武漢の新型コロナとの闘いに邦人と日本政府は非常に大きな関心と支持を寄せてくれた」と感謝した。