【ブリュッセル共同】欧州連合(EU)は22日、ブリュッセルで外相理事会を開き、中国の新疆ウイグル自治区における深刻な人権侵害に関与したとして、中国当局者4人と1団体に対し、EU渡航禁止と資産凍結の制裁を科した。中国を巡る制裁はEUの前身機構による1989年の天安門事件を受けた武器輸出禁止以来、初めて。

 EUはバイデン米政権と協調する形で人権問題で対中圧力を強めた。中国外務省は22日、EUによる制裁に「内政干渉だ」と反発し、対抗措置として欧州議会議員ら10人と4団体に制裁を科すことを決めたと発表した。EUと中国との関係が一層緊張するのは必至だ。