東京五輪・パラリンピック組織委員会は22日、東京都内で理事会を開き、大会を契機に日本が真の多様性を備えた社会となるよう「誰もが生きやすい社会を目指すTOKYO2020宣言」(仮称)を策定することを決めた。会場入場者に、選手らに対する性的ハラスメント目的との疑念を生じさせる写真や映像を記録、送信、作成することを禁止することも明らかにした。

 会議では小谷実可子スポーツディレクターをトップとした「ジェンダー平等推進チーム」が検討してきた取り組みについて報告。表彰式のメダルプレゼンターについて、男女のバランスに配慮する方針を明らかにした。