百貨店大手のJ・フロントリテイリングは22日、心と体の性が一致しない性同一性障害の従業員が性別適合手術やホルモン治療を受ける際に、過去に失効した有給休暇が使える制度を新設したと発表した。傘下の大丸松坂屋百貨店やパルコなどの事業会社に順次導入する。LGBTなど性的少数者の従業員が活躍できる環境を整える。

 大丸松坂屋百貨店の場合、有給休暇は付与後2年間利用しないと失効するが、性別適合手術などで休む場合には、未消化のまま失効した過去2年分の有給休暇を使えるようにする。これまでは病気などによる長期療養などで例外的に失効後の利用を認めていたが、適用範囲を広げる。