日本小児科学会のチームは22日、昨年新型コロナウイルスに感染した妊婦から生まれた52人の赤ちゃんのうち1人がPCR検査で感染が確認されたと発表した。母子感染とみられ、チームは国内初としている。赤ちゃんに症状はなく、健康状態に問題はないという。

 チームは昨年9~10月、全国の小児科2507施設にアンケートへの協力を依頼。同意を得た施設の中で、出産を扱っている624施設の回答を分析した。31施設でコロナに感染した52人の妊婦から52人の赤ちゃんが生まれ、誕生間もない検査で1人のコロナ感染が判明した。ほかの51人は感染しておらず、感染率は1・9%だった。