明豊が延長十一回までもつれた点の取り合いを制し、サヨナラ勝ちした。9―9の十一回は無死満塁と攻め、暴投で決勝点を挙げた。5―5の六回に黒木の3点三塁打などで4点を勝ち越し。追い付かれたが競り勝った。

 東播磨は再三の粘りを見せ、8―9の九回に同点。六回途中から再登板した鈴木も粘っていたが、最後に力尽きた。