【ソウル共同】韓国の徐旭国防相は22日までに米ブルームバーグテレビのインタビューに応じ「朝鮮半島を守っているのは韓米同盟が中心だが、わが国は韓日の安保協力も価値のある資産だと考えている」との見解を示した。日米韓の安保協力を重視する米国の意向を受けた発言とみられる。

 徐氏は、日韓間には歴史問題が厳然と存在するものの「われわれは韓日関係が国防協力の次元で必要だと感じている」と指摘。「(日本との)軍事対話や未来の協力を続けていく」と強調した。

 国防省報道官も22日の定例記者会見で、日本と「多角的な交流、協力を行っていく」と述べた。