天王寺動物園(大阪市天王寺区)は、昨年11月に生まれたホッキョクグマの雌の赤ちゃんを「ホウちゃん」と名付け、22日に報道陣に公開した。一般公開は23日から。

 22日午後、報道陣に公開されたホウちゃんは、敷かれたわらの上であおむけになり、木の枝をかんで遊ぶなど愛くるしい姿を見せていた。

 飼育を担当する油家謙二業務主任(48)は「たくさんの人が見に来ると、最初はびっくりして隠れてしまうかもしれない。その時は優しく見守って」と話した。

 ホウちゃん親子の観覧時間は、体調管理のために当面は午後3時までに制限する予定。春休みシーズンは入園に事前予約が必要。