具志川商は11安打に足を絡めた攻撃で快勝した。二回はエンドランや盗塁で1死二、三塁として、上原の適時打などで4点を先制。四回はスクイズ、六回は犠飛でそつなく加点した。先発の新川は制球良く、7回を2失点と好投した。

 八戸西は七回に2点、九回に1点を挙げ、終盤に意地を見せた。失策が絡んで失点するなど守備が崩れた。