【ロサンゼルス共同】米プロバスケットボールNBAは21日、各地で行われ、ウィザーズの八村塁は敵地でのネッツ戦に先発し、今季最長の40分13秒プレーして20得点、10リバウンドだった。2桁得点は5試合連続で、2部門で2桁の「ダブルダブル」は今季3度目。チームは106―113で敗れ、15勝26敗。

 ラプターズの渡辺雄太は敵地でのキャバリアーズ戦でベンチ入りしたが、出番がなかった。試合は105―116で敗れて8連敗を喫し、17勝25敗となった。