【バルセロナ共同】サッカーの海外各リーグは21日、各地で行われ、スペイン1部でヘタフェの久保建英はエルチェ戦で7試合ぶりに先発出場し、0―1の後半15分に同点ゴールをアシストした。同27分に交代し、試合は1―1で引き分けた。

 フランス1部でニームの植田直通はリール戦にフル出場し、2―1の勝利に貢献。ストラスブールのGK川島永嗣は1―2で敗れたランス戦にフル出場した。

 イタリア1部(セリエA)でサンプドリアの吉田麻也はトリノ戦の後半28分からプレー。チームは1―0で勝って6試合ぶりの白星を挙げた。