【イスラマバード、ワシントン共同】オースティン米国防長官は21日、アフガニスタンの首都カブールを事前発表なしに訪問し、ガニ大統領と会談した。米国と反政府武装勢力タリバンの和平合意に基づく駐留米軍の完全撤退期限が4月末に迫る中、両者は暴力行為が増えている現状に懸念を表明し、永続的な和平実現が根本的な解決策だと確認した。アフガン大統領府が明らかにした。

 バイデン米政権は3月、タリバンとの暫定政権樹立を軸とする和平案をアフガン政府に提案したが、ガニ氏は否定的な考えを示している。