独自のプログラムで制作したアプリやロボットなどの作品を競う全国新聞社事業協議会主催の「2020年度全国選抜小学生プログラミング大会」の全国大会が21日、オンラインで開かれ、グランプリに宮崎県代表の宮崎大教育学部付属小学校6年平川晴茄さん(12)が選ばれた。

 平川さんは、病気で話せなくなった人とのコミュニケーションを取りやすくするため、文字盤に文字を打ち込むと音声で読み上げてくれるアプリ「ぶらっしゅとーく」を制作した。

 準グランプリにはマスクの作り方を紹介した東京都代表の多摩市立南鶴牧小学校3年小長井聡介君(9)が選ばれた。