ヤクルトは奥川が先発して五回途中6安打3失点で粘り、先発入りへアピールした。村上は一回に3ラン、七回にソロを放つなど3安打4打点で開幕へ準備を整えた。西武は山川が3安打4打点、栗山が2安打2打点と好調を維持した。