アーチェリーの東京五輪代表最終選考会最終日は21日、五輪会場となる夢の島公園アーチェリー場で行われ、男子は2012年ロンドン五輪銀メダリストで36歳の古川高晴(近大職)が5大会連続の出場を決めた。武藤弘樹(トヨタ自動車)河田悠希(エディオン)は初の五輪代表になった。

 女子はロンドン五輪団体銅メダルで33歳の早川漣(デンソーソリューション)と、五輪初出場となる中村美樹(ハードオフ)山内梓(近大)に決定した。

 最終日は男女各4人が72射の合計得点で競い、男子はロンドン五輪代表の菊地栄樹(エディオン)、女子は大橋朋花(近大)が4位で落選した。