4月に見直される65歳以上の高齢者の介護保険料(基準額)について、都道府県庁所在地(東京は都庁のある新宿区)と政令指定都市の52市区の81%で月額6千円以上となる見込みであることが20日、共同通信の調査で分かった。高齢化の進行に伴い介護サービスを利用する人が多くなり、膨らむ費用を賄うのが主な理由。値上げするのは60%だった。多くの高齢者の負担が増えることになる。

 65歳以上の保険料は3年に1度、市区町村や広域連合ごとに決める。2~3月に各市区にアンケートしたほか、議会提出の議案を調べた。4月以降の52市区の平均は6327円で、現在より134円高くなる。