柔道の全国高校選手権最終日は20日、東京・日本武道館で男子5階級が行われ、無差別級は藤本偉央(広島・崇徳)が制した。81キロ級は長沢篤希(静岡学園)が全5試合一本勝ちして優勝。73キロ級は花岡晴琉(宮崎・延岡学園)、66キロ級は猪瀬真司(埼玉栄)、60キロ級は白金宏都(長野・佐久長聖)が頂点に立った。

 新型コロナウイルスの影響で昨年は中止され、2年ぶりの開催となった。感染対策として団体戦を取りやめ、個人戦のみを無観客で実施した。