サッカーのJ1横浜Mは20日、選手2人が新型コロナウイルスの検査で陽性判定を受けたと発表した。選手名は公表していない。21日のJ1第6節は、対戦相手のG大阪での集団感染により、既に中止が決まっている。

 横浜Mでは18日に選手1人が体調不良、発熱を訴え、19日の検査で感染が判明。その後に実施したクラブ独自のPCR検査で2人目の陽性者が出た。この選手は無症状という。

 その他の選手、スタッフら計51人は全員が陰性だった。管轄の保健所で濃厚接触者はいないとの判断を受け、感染対策を徹底した上でチーム活動を続ける。