全国知事会長の飯泉嘉門徳島県知事は20日、小池百合子東京都知事が新型コロナウイルス対策を話し合う知事会オンライン会合を6回連続で欠席したことについて「感染拡大の影響が及ぶ周辺3県(との調整)に腐心したからではないか。現場を預かる知事の判断だ」と述べ、問題視しない考えを示した。会合後、記者団の取材に答えた。

 飯泉氏は、会合で国への緊急提言を取りまとめる際、事前に東京都の意見も反映させていると強調。「知事会が一つにまとまって対応することが求められている。(小池氏とも)共有している」と理解を示した。

 小池氏は昨年9月に出席後、今回を含め6回連続で欠席している。