大相撲春場所7日目(20日・両国国技館)大関陣は朝乃山が霧馬山に送り出されて2敗、かど番の貴景勝は明生に押し出され3敗となった。正代は志摩ノ海を上手投げで下し、ようやく3勝目。

 大関復帰を目指す関脇照ノ富士は小結御嶽海を寄り切って1敗を守った。関脇隆の勝は小結大栄翔に押し出されて2敗目。小結高安は宝富士を上手出し投げで退け、2日目から6連勝とした。

 照ノ富士、高安、平幕千代の国の3人が1敗でトップに並び、2敗で朝乃山ら7人が追う。