半導体大手ルネサスエレクトロニクスが19日に発生した那珂工場(茨城県ひたちなか市)の火災で、緊急対策本部を設置したことが20日、分かった。一部の施設は生産を停止しており、再開のめどは立っていない。被害状況を精査し、対応を検討する。

 那珂工場は自動車向けなどを手掛ける主力工場。半導体は世界的に需給が逼迫している。操業停止が長引けば半導体の供給が不足し、自動車などの生産に影響が出る可能性がある。

 火災は19日午前2時47分ごろに発生し、午前8時12分ごろに消防が鎮火を確認。先端品の直径300mmのシリコンウエハーに対応した生産ラインのある棟で被害があった。